ニキビがあってもファンデーションをつけて大丈夫?

ファンデーションがニキビを悪化させる原因として ファンデーションの油分や粒子が毛穴を埋めることで 皮脂の排出を妨げ、ニキビのもとができやすくなったり、 防腐剤や紫外線防止剤などが刺激を与えることがあげられます。

ナチュラルリキッドファンデーションについては 肌への刺激となる成分の使用を抑え、 毛穴をうめることなく肌に薄くフィットする処方ですので 当ファンデーション自体がニキビの原因になることは 考えにくいと認識しています。

また、ニキビが出来やすい肌にとって、 肌の抵抗力を奪う乾燥と紫外線は もっとも避けなければならない要因です。

ナチュラルリキッドファンデーションは ノンケミカルの紫外線拡乱剤のみを使用して、 日常生活で浴びる紫外線を防止するのに充分な 紫外線防止効果(SPF15 PA++)を実現し、 肌に潤いと抵抗力を与える美容成分に加え、 皮膚細胞の生成を促進するEGF(上皮細胞再生因子)などの肌の内側へ働きかける成分を配合し、 その相乗効果で新陳代謝を活性化しますので、 使い続けることで、肌を美しく演出しながら、 肌自体をトラブルに強い健康な状態へ 導くことができると考えています。

他に、1日の終わりには、分泌された皮脂が酸化して 毛穴を埋めるなど、ファンデーション以外に 肌にとって負担となる要因も生まれます。

ファンデーションの表面に大気中のホコリや排気ガス、 タバコの煙などが付着している可能性もありますので、 帰宅されたら、これらの有害物質や役目を終えた角質、 皮脂といっしょにファンデーションをおとし、 肌をリセットすることがニキビなどのトラブルを 防ぐことにつながると考えています。

関連商品